魔界のアクション稽古。

昨夜の魔界のメルマガ登録者の方への配信でお話ししましたが、昨日は魔界のアクション稽古を行なっていました。第70回魔界FIREBALLのアクション稽古という位置づけではなく、魔界のアクションそのものを改革するための稽古です。


メンバーはアクション監督を務める豊臣秀頼役の瀧谷一樹に、鶴姫役の志田光、越智安成役の新納刃、犬江親兵衛役の蘭奈、犬飼源八役の宇崎咲玖、月夜叉丸役の神崎ユウキ、そして今回7月の魔界で初登場する二宮響子。


前回の魔界で怪我人が出たことで武器の見直しを行い、より安全でより激しいアクションが可能になるように考えています。その素材選びを含めての実験稽古でした。


実験とはいえ、魔界の特徴である「音合わせ(曲を一曲使い、曲とシンクロするアクション)」を実際に制作します。3時間の稽古で組み立てながら、完成させていくプロセスは本番と同じものです。


今回、やってみて素材は決定できたので、あとはその作り込みと全体に対するレクチャーを行なっていきます。魔界の場合、プロレスラーのパワーが加わるので通常の舞台で使う武器の強度では保たないという課題がありますが、それを逆手に取った解決方法を編み出しました。ただこれから本番用を制作するので間に合うかどうか・・。


兎にも角にも方向性は定まりました。あとは詰める作業。志田くんがビザの関係で日本の滞在期間が長くなっているので、その間にもう一回ぐらい稽古できるかな・・。