魔界の新作の台本を書き上げる。

5月の魔界の本編復活一発目の台本を書き上げました。ざっくりとしたシノプシスを昨日決めて、本日集中して一気に書き上げました。めちゃくちゃ集中して5時間30分。楽曲やBGMも同時進行で決めていたので、ほぼノンストップの作業でした。


魔界の台本は以前から言ってますが、パズルゲームのようなものです。公演時間は1時間30分以内。音楽、ダンス、アクションのバランス、40人を超え、8つの軍団。これらの諸条件を頭に入れながら組み立てていきます。


大まかな流れはシノプシスで組めているのですが、これを台本にして、楽曲の選定などを行っていくと流れそのものも変わる場面があります。魔界は68回続いている大河ドラマでもあるので、今までの流れも頭に入れてストーリーを組み立てなければなりません。


魔界の場合は、その流れを音楽によって決めていきます。この音楽が決まると後は一気に進む感じ。今回はなかなかの難産でしたが、1時間30分の公演の台本を5時間30分で書けたのでまずまずの速さではないでしょうか。


ただ、前回はここから五回書き直す羽目になったので今回はそういうことがないことを祈るばかり。まだ、出演者全員には共有しませんが、とりあえず5月の本編に向け準備ができてホッとしました。現在は脳みそは全て魔界です。


明日からは研修事業に脳みそを切り替えないと・・。





閲覧数:74回0件のコメント

最新記事

すべて表示