怒り 心の炎の静め方

怒り 心の炎の静め方 ティク・ナット・ハン著 ベトナムの禅僧にして人権運動家であり詩人であるティク・ナット・ハンさんのベストセラー。

アメリカのおけるマインドフルネスのブームの中で大きな反響を得た一冊。

「怒り」という得体の知れないものに対する対処の仕方を穏やかでありながら力強い口調で諭してくれます。

大きな気づきとなったのは

「怒り」は抑圧してはいけない。

「怒り」はそれ自体、人の中にある必要なもの。

「怒り」のエネルギーを呼吸というリズムによって深い気づきに「変容」させれば良い。

シンプルだけどとても難しい。

シンプルなゆえに奥深い。

そんな一冊です。

正直、実践するにはかなりの時間を要しそうです。

しかし、じっくりゆっくり「怒り」に向き合っていかなければならない。

そう感じさせてもらった一冊でした。

ぜひご一読を。


 Akihito manabe profiel: 

 

研修講師、演出家、脚本家、小説家、作詞家

1968年生まれ

大学卒業後、大日本印刷、吉本興業を経て独立。

「演出」にフォーカスしたコミュニケーションプログラム「アクトレーニング」を開発。教育機関、企業などで幅広く講師活動を行う。

​一方、独特の感性でエンタテイメントビジネスでもハイブリッドエンタテインメント「魔界」の総合プロデュースなどを行う。

 RECENT POSTS: 
 SEARCH BY TAGS: 
まだタグはありません。