© 2017by SENKUHSA

2019年の新入社員研修に想うこと。

April 18, 2019

新入社員研修の時期が到来し、今年もたくさんの新入社員研修の講師の機会をいただいています。

 

今年は内的要因、外的要因も含め、新入社員研修を担当させていただく機会を減らそうと思っていたのですが、蓋を開けてみると例年通りのハードワークとなりました。

 

新入社員研修は企業の人材育成においては特殊なものです。

 

まだ、仕事を経験していない新社会人の方の準備と助走期間のようなものであり、研修そのものが「仕事」のすべてになる時期です。

 

新入社員研修以外の研修は、本質的な業務の「補助的」な意味合いであり、その効果の測定もある意味で本来の業務によって測ることができます。(実際は、本来の業務に対する効果測定は難しいのですが、あえて本質的な意味で)

 

しかし、新入社員研修はまだ本来の業務がはじまっていない時期なので、業務における効果測定というものを導きだすのはなかなか難しいといえます。

 

会社のルールや、業務の基本知識などの習得をのぞいたマインド系の研修の効果というものは、正直なところすべて効果測定指標を設けられないものだと思っています。(アンケートによる効果測定は意味がないというのがワタシのスタンス)

 

だからといってマインド系の研修が無意味だとは思っていません。

 

基本的な考えとしては、マインド系の研修の要諦は、「社会人としてのスタートダッシュをしてもらうための応援」という位置づけだとワタシは思っています。

 

特に、最近は、「働き方改革」の波があり、社会と企業は今までのような隔離されたものではなく一体化されたものになっています。

 

会社の社風と社会の状況についての調整はこれからの時代不可欠になっていくでしょう。

 

したがって、今までのように会社の風土に新入社員をはめ込むのではなく、新入社員の個性や考え方を尊重しつつ組織で働くために必要なモチベーションを自分自身で生み出すように、背中を押してあげるということです。

 

その手法はどういうものでも良いですが、ポイントは「全体主義」ではなく個々にきちんと言葉をかけ、アドバイスを送ってあげることだと考えています。

 

手間もかかりますし、効率も悪いですが、少子化の時代を向けて若い戦力は貴重な時代になってきます。

 

人材育成に手間や労力を惜しむことは、企業の永続的な成長ドライブを失うことになるのではないでしょうか。

 

そんなわけで今年は例年以上に個々へのアドバイスを意識づけをしています。

 

ただ、人数が多い場合なかなか思うようにいかないことも多く、そこについてはテクノロジーの導入が必要だと考えています。

 

日本における新入社員研修という位置づけは確実に新しい波が押し寄せていると思います。

 

そんなふうに考えながら本日も研修に向かいます。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

 Akihito manabe profiel: 

 

研修講師、演出家、脚本家、小説家、作詞家

1968年生まれ

大学卒業後、大日本印刷、吉本興業を経て独立。

「演出」にフォーカスしたコミュニケーションプログラム「アクトレーニング」を開発。教育機関、企業などで幅広く講師活動を行う。

​一方、独特の感性でエンタテイメントビジネスでもハイブリッドエンタテインメント「魔界」の総合プロデュースなどを行う。

 RECENT POSTS: 

August 22, 2019

June 25, 2019

June 20, 2019

June 17, 2019

June 15, 2019

Please reload

 SEARCH BY TAGS: 

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload